キャバ嬢がシャンパン(ボトル)をおろしてもらう方法や3つのコツ

キャバクラで働くキャバ嬢としてはお客さんにシャンパン(ボトル)をおろしてほしいですよね。

しかしシャンパン(ボトル)は値段がはるものもありなかなかおろしてくれないお客さんも多いと思います。

お客さんにシャンパン(ボトル)をおろしてもらう方法やコツはあるのでしょうか。

今回はシャンパン(ボトル)をおろしてもらう方法やコツを紹介していきます。

キャバ嬢がシャンパン(ボトル)をおろしてもらうメリット

キャバクラはセット料金の中にハウスボトルというお酒がついてきます。

このお酒はお客さんからすれば実質飲み放題なのでキャバ嬢にドリンクは出してくれてもハウスボトルしか飲まないからボトルをおろさないお客さんもいます。

しかし、ハウスボトルはキャバ嬢が飲むことが出来ないので、同じもので乾杯するという事はできません。

なのでボトルをおろすことによってキャバ嬢と同じものをゆっくり飲めるというのはお客さんにもメリットになるはずです。

キャバ嬢としてのメリットは他にどんな事があるのでしょうか。

バックが発生する

キャバ嬢はお客さんにシャンパンなどのボトルをおろしてもらうと「ボトルバック」という10%前後のバックが発生します。

バックが入ることによって給料がアップしますし、お店の給料形態によっては翌月の時給がアップする場合もあります。

なのでキャバ嬢にとってボトルをおろしてもらうことは給料に直結する大切な事なのです。

場が盛り上がる

高いシャンパンでもそうでないものでもボトルが入ることによってその場が盛り上がります。

ボトルを入れてもらうということは、キャバ嬢本人としてはもちろんお店としても嬉しいことです。

キャバ嬢を含めその他のスタッフたちもとても盛り上げてくれるので、お客さんとしても気持ちよくお酒を飲むことが出来ます

値段がはらないシャンパンやボトルでも嬉しいものは嬉しいのですね。

他のお客さんにアピールできる

1人のお客さんにシャンパンを入れてもらうことによって自分の他のお客さんにアピールをすることもできます。

シャンパンはコルクを抜いた時に大きな音が鳴るのでどこでシャンパンが入ったのか自然と目に入るものです。

その盛り上がりやキャバ嬢の喜んでいるところを見て「自分も頼んでみようかな」と思ってくれるお客さんもいます。

直接言わなくてもアピールできるので少しハードルが低めですよね。

キャバ嬢がシャンパン(ボトル)をおろしてもらう3つのコツ

シャンパンやボトルを入れてもらうことがキャバ嬢にとってもお客さんにとっても得になる事だということはわかりましたよね。

しかしやっぱりお会計の金額は高くなってしまうのでためらうお客さんも多いのが現実。

そんな迷ってしまってなかなかシャンパンやボトルをおろしてくれないお客さんに対してどういう接客をしたらシャンパンやボトルをおろしてもらえるのでしょうか。

3つのコツを紹介していきます。

ボトルで頼むとお得であることをアピール

ボトルやシャンパンとなるととても高いというイメージがあるお客さんもいます。

しかし、キャバ嬢の飲む量によってはドリンク代よりお得になることもあるのです。

あまり飲まないキャバ嬢だったとしても、焼酎やウィスキーのボトルだと1回で飲み干さなくてもキープして置けるので次来た時はセット料金と指名料だけで遊ぶことが出来ます。

そのことをしっかりお客さんに伝える事でお得感がでてボトルを入れてくれるかもしれません。

自分のバースデーや記念日におねだり

キャバ嬢にとって自分の誕生日はすごくチャンスの日

シャンパンを入れるつもりで店に来てくれるお客さんも大勢いると思います。

指名のキャバ嬢が誕生日となるとシャンパンへのハードルも下がるのでかわいく素直におねだりしてみるのもありですね。

キャバ嬢で遊び慣れている人にはガンガンアピールしても大丈夫ですが、キャバクラ初心者や指名キャバ嬢の誕生日が初めてのお客さんには慎重におねだりしたほうが良いでしょう。

なんでもない日も記念日にする

シャンパンやボトルをおろしてもらうにはお客さんに楽しんでもらう事がとても大切です。

この子のところにまた来たいからボトルを入れる 応援しているからシャンパンを入れるなどしてもらうことが出来るからです。

そんなお客さんに楽しんでもらうために何でもない日も記念日にしてしまうのもアピールできるポイント。

出会ってから〇日記念日」や「指名してくれてから〇日目の記念日」などお客さんのことをしっかり覚えておいて記念日を作るとお客さんも覚えていてくれたんだと良い気分になってくれるのでお勧めです。

キャバ嬢がシャンパン(ボトル)をおねだりするときにやってはいけない事

ここまで3つのコツを紹介しましたが、逆にシャンパンやボトルをおねだりするときにやってはいけない事もあります。

やってはいけない事をしてしまうとせっかく気に入ってくれていたお客さんが離れていってしまうことにもなりかねません。

そうなっては困るのでシャンパンやボトルおねだりの時にやってはいけないこともしっかり覚えておきましょう。

お客さんが席についてすぐ交渉

なかなかシャンパンやボトルをおろしてもらえなくて焦ってしまうこともあるかもしれません。

だからといって席に着いたばかりのお客さんにすぐ交渉するのは逆効果になってしまうこともあります。

焦る気持ちもわかりますが、まずはしっかりお客さんに楽しんでもらって盛り上がってきたころにシャンパンやボトルをおねだりするのが一番ベストなタイミングですね。

お客さんの意思を無視して注文

どれだけシャンパンやボトルを入れてもらいたくてもお客さんの意志を無視して注文するのは絶対にだめ。

ぼったくりキャバクラだと怪しまれてしまったりクレームになってしまうこともあります。

せっかくのお客さんとの信頼関係が壊れてしまうのはもったいないことです。

キャバ嬢にとってドリンクの交渉はとても大切な事ですがそれより大切なのはお客さんへの気遣いなので、おねだりしながらもお客さんの様子をしっかり確認する事も大切ですね。

お客さんの限界を超えたおねだり

お客さんの相手を数回しているとそのお客さんが使うことのできる金額が自然とわかってきます。

お客さんの使える金額を大幅に超えたシャンパンを頼ませてしまうと、もうお店に来てくれなくなってしまうかもしれません。

来てくれたとしてもそのお客さんはとても無理をすることになります。

長くお客さんと関わっていく為には無理をさせないということが大切。

相手の限界に合わせておねだりしましょう。

まとめ

今回はキャバ嬢がシャンパン(ボトル)をおろしてもらう方法やコツからやってはいけない事までを詳しく解説しました。

売り上げを残すということはキャバ嬢にとってとても大切ですがとても大変な事。

しかしお客さんの様子を気にすることもキャバ嬢の仕事なので良いタイミングでかわいく素直におねだりできるキャバ嬢になりたいですね。

おすすめの記事