酒やけ喉の治し方!治らない酒やけの原因や何日で治るのかを解説

酒やけ喉になるともう治らない酒やけなんじゃ・・と不安になってしまうものです。

不安になる酒やけですが治らない時には絶対に原因があるんです!

1度なると治りにくい酒やけは一体どのくらいで治るんでしょうか。

今回は酒やけ喉の治し方から治らない酒やけの原因そして治る日数まで詳しく調べていきます。

 なかなか治らない酒やけ喉の原因

飲みすぎた次の日、起きるとガサガサのハスキー声になってしまっていたり、声が出にくかったりした経験がある人は多いはずです。

いわゆる酒やけと言われる声ですが、実は酒やけになるには原因があったのです。

なる原因がわかっていれば対策もしやすいですよね。

酒やけの原因を4つほどまとめてみました。

 

タバコの吸いすぎ

1番の原因は「タバコの吸いすぎ」の可能性が高いです。

タバコに含まれているタールは、呼吸器官を刺激して過剰な血管収縮を引き起こし、声帯にむくみを生じさせるので酒やけに似た「タバコやけ」という状態になってしまうのです。

自分がタバコを吸っていなくても、周りに沢山吸う人がいると副流煙を吸ってしまいます。

ですので自分が吸っているのと変わらない状態になってしまい、次の日に声が出なかったり喉が痛いという状態になってしまいます。

タバコを吸わない人でも、吸う人が周りにいればタバコ焼けになってしまう可能性は知らない人も多いです。

お酒のせいで声が出ないと思っている人も多いようですが、実はタバコやけだったという事もあるようですね。

喫煙しながらのお酒

やっぱり酒やけの原因は喫煙が多いよう。

お店のルールにもよりますが、キャバ嬢がお酒を飲みながらタバコを吸うことが出来るお店もあります。

お酒が進んでくるとタバコの本数が増えてしまう喫煙者が多くいます。

お酒を飲むと判断力が鈍るので普段のようなタバコの満足感を得られにくくなりますし、吸いすぎたなと思いタバコの量を減らすという事も難しくなりますよね。

酔っぱらって無意識のうちに吸う量が増えて結果的に酒やけになってしまうのです。

大声の出しすぎ

大声の出しすぎも酒やけ喉の原因になります。

キャバクラの店内はBGMや話し声で騒がしいので、大きめな声になってしまいがち。

そこにお酒が入って気分がよくなってくると無意識に大きな声になってしまう事もあります。

キャバ嬢として盛り上げるには声のトーンをあげて喋るのでさらに喉の負担が増えてしまいます。

 

また、カラオケも要注意!

店内にカラオケがあったり、アフターでカラオケに行くこともありますが、普段の仕事で喉を酷使しているキャバ嬢はあまり歌いすぎると喉の不調の原因になってしまいます。

歌うときの声の大きさや歌うペースにも気をつけたいですね。

乾燥

意外と忘れがちなのが乾燥による酒やけ。

冬になると喉が乾燥してイガイガした経験は誰でも1回はあるはずです。

キャバクラは年中エアコンで温度管理をしているので、お店自体が乾燥している事が多くあります。

そこでお客さんと沢山お話しをしてとなると喉が乾燥するのは当たり前です。

しかもお酒は水分不足を引き起こすので、悪化しやすくなります。

こまめに水分補給をすることで喉の乾燥は防ぐことが出来るかもしれません。

酒やけで喉が痛い!酒やけ喉の7つの治し方

酒やけ喉になると声は出にくいし、喉は痛いしで一刻も早く治したくなりますよね。

何をすれば酒やけ喉を最初から防ぐことができて、なっても治りを早くする事ができるのでしょう。

酒やけ喉の防ぎ方やなってしまった時の対処法はあるのでしょうか。

あるならぜひ知りたいですよね。

調べてみると・・。

水分補給をしっかりする

1番はまず水分補給をすることです。

水分補給は酒やけの予防にもなりますし、なってしまった時も水分補給をする事で改善が早くなる事もあります。

酒やけは喉が炎症を起こして腫れている状態なので、冷たい飲み物ではなく、白湯などの温かい飲み物を飲んで温めるのが良いです。

1回に沢山の水分をとるのは難しいので、家だけでなく店にいる時から常温の水を飲んだりして対策しておくと辛い酒やけになりにくくなります。

部屋に加湿器をつける

自宅の部屋に加湿器をつけると、喉を潤してくれるのはもちろんですが、肌も潤してくれるので、乾燥しているところで仕事をしているキャバ嬢にとっては嬉しい事ばかりです。

またキャバ嬢によっては家に加湿器をつけるだけでなく、出勤後待機室で小さい持ち運び用の加湿器で乾燥を防いでいる人もいます。

酒やけを防ぐだけならどんな加湿器でも良いので安い物から使っていくのもありですね。

 

ブルーノ加湿器

出典元:https://item.rakuten.co.jp/sneak/brun-boe078/

 

ハンディミスト

出典元:https://www.dinos.co.jp/p/1244001910/?utm_sour

ハーブ成分が配合されているのど飴を舐める

酒やけになってしまった!という時は、飴を舐めるのも良い方法です。

特にハーブ成分配合のものは、喉の痛みや声枯れの症状を緩和する特徴があります。

また、飴を舐めることで唾液が分泌されるので、唾液が喉の乾燥を緩和してくれる効果もあります。

これを続けているとひどい酒やけも少しずつ緩和できるので気長に続けてみると良いかもしれません。

 

リコラ ハーブキャンディー

出典元:https://item.rakuten.co.jp/theboninc/10000387/

喉スプレーや喉に良い漢方を常備する

喉スプレーや漢方を使って酒やけを防ぐこともできるのです。

飴を食べられない状況だったり飴では効かなくなってしまった時に使うと、早く治す事も可能になります。

喉スプレーは薬局などで市販の物を購入する事が出来ますが、漢方は1度病院に行って処方してもらう事をお勧めします。

 

酒やけにきくうがい薬

https://product.rakuten.co.jp/product/-/4b4cb8ca17046b5cf27870a343ed69a5/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_117_0_10002415

はちみつを舐める

アナウンサーや声優、歌手などの声を使う仕事の人たちはよくはちみつを持ち歩いています。

はちみつ自体の水分量は少ないですが、水分を周りから集めて閉じ込める保湿効果があるので、とても高い保湿効果で喉を守ってくれるのです。

はちみつを持ち歩くまではしなくても良いかもしれませんが、家に帰って寝る前に少しはちみつを舐める習慣をつけると簡単に喉を保湿する事が出来ます。

しかもはちみつには免疫力を上げる効果もあるので一石二鳥ですね。

最近ははちみつをスプレーにした物も売られているようなので、それを使ってみても良いかもしれません。

 

山田養蜂場 プロポリスリッチスプレー

出典元:https://www.3838.com/kenko/item/11888/?prid=oot_ab_hbg_A16_11888&gclid=CjwKCAjw6raYBhB7EiwABge5Kmq2fmPv_BvG58oyMC3bK6_Jnp-1HeZ3T_7SBQf3TdbGbo08ThVDPRoCNiUQAvD_BwE

のどぬーるぬれマスクをつける

のどぬーるぬれマスクは喉の乾燥を防いで潤してくれる商品です。

寝ている間につけておくと次の日起きたときには酒やけの症状が軽くなっています。

しかもコロナの関係でマスクをつける機会が多い現在は、普段のマスクものどぬーるぬれマスクにすることで大半の時間喉を潤してくれるんです。

ドラックストアで簡単に手に入るのですぐにでも取り入れられる酒やけ予防ですね。

 

のどぬーるぬれマスク

出典元:https://www.kobayashi.co.jp/seihin/nn_o4/

スチーム吸入器で喉を潤す

スチーム吸入器は蒸気を吸い込む事で喉と鼻を潤してくれる機械です。

お風呂で蒸気を吸い込むと鼻水やせきが少し収まった経験がある人もいると思いますが、それと同じ効果を機械でしてくれます。

最近は花粉症対策をしてくれるものも出てきているので、乾燥や花粉症だなと感じたときにさっとスチーム吸入器をすると良くなりそうですね。

 

スチーム吸入器

出典元:ttps://store.shopping.yahoo.co.jp/mikigakki/4525421210501.html?sc_e=slga_pla_i_shp_02510&gclid=CjwKCAjw6raYBhB7EiwABge5Kgrk_Z5d2Ru_lUJCuqNzwm3

CW9deSjZxouczLhoNcarxfMmq9iJTQRoCmUcQAvD_BwE

酒やけ喉は何日で治る?

酒やけと言われる喉の炎症は1週間ほどで自然と治っていくとされています。

1番短い声の出しすぎが原因だと2~3日程度。

上記で紹介した方法を試しても全く良くならず、1週間以上続く酒やけは危険です。

声帯結節・声帯ポリープ・喉頭ガンなど他の重大な病気が隠れている可能性があります。

あまりにも長く続いているようなら早めに医療機関を受診しましょう。

まとめ

今回は酒やけ喉の治し方から治りにくいときの原因そして治るまでの日数まで調べてみました。

ガサガサの声になってしまう酒やけはかわいく接客したいキャバ嬢にとって強敵ですよね。

しかしいろいろな予防方法もありますし、長引かせないように治す方法もあります。

保湿が何より大切なので身体の外からも中からも水分を補給して喉をいたわりながら仕事をしていきたいですね。

おすすめの記事