キャバ嬢のLINEの交換方法は?次に繋げる営業術をご紹介!

キャバ嬢にとってLINE交換は大切と言われますが、ベテランキャバ嬢達はどんな流れでLINEを交換してどんなタイミングでLINEしているのでしょう。

またどうやってLINEで次につなげる営業をしているのでしょう。

テクニックがあるのでしょうか。

今回はキャバ嬢のLINE交換方法から次につなげる営業術まで詳しく紹介していきます。

キャバ嬢の営業はLINEで!

キャバ嬢が出勤中に営業をかけるのがLINEです。

LINEはほとんどの人がやっているツールになっています。

そのようなアプリでお客さんとつながる事でより簡単に営業する事ができるようになっているのです。

具体的に営業LINEとはどんなものなのでしょうか。

営業LINEとは

営業LINEとはお店に来てほしいという営業目的の連絡です。

営業LINEにははっきりと「お店に来てほしいな」という場合から「○○さんに会いたい」などとちょっとドキッとするような内容を送る事もあります。

鈍感なお客さんは営業LINEに気づく事が出来ずに、キャバ嬢に恋愛感情があると勘違いしてイタイ客になってしまう事もあります(笑)

送るお客さんによって内容を変える事も大切ですね。

営業LINEの目的

キャバ嬢の営業LINEの目的は集客をするためです。

本指名やボトルバックは給料に直結します。

少しでも自分の指名のお客さんに沢山来てもらうために営業LINEをするのです。

なので沢山稼ぎたい子ややる気のある女の子の方が沢山営業LINEをしてきます。

どれだけ連絡するかで変わってくるので営業LINEはとても大切なんですよ。

キャバ嬢のLINEの交換方法は?

営業LINEをするためのスタートラインに立つにはお客さんとLINEを交換しないといけません。

どうしたらお客さんにLINEを教えてもらう事が出来るのでしょうか。

交換する流れやテクニックについて紹介していきます。

連絡先を交換する流れ

連絡先を交換するタイミングはいろいろありますが、自分なりに交換しやすいタイミングになったらはっきり連絡先交換をお願いしましょう。

連絡先交換はまわりくどくやるより、ストレートにした方が成功しやすいです。

「連絡先教えて頂いてもいいですか?」

「○○さんの連絡先教えてもらえますか?」

などと言ってみましょう。

前の会話からの流れで聞く事ができると1番ベストですね。

連絡先交換のテクニック

連絡先交換にはテクニックがあります。

連絡先交換のОKをもらったらまずは少し大げさくらいに喜ぶ事が大切です。

ちょっと大げさに喜ぶと、お客さんからすると自分と連絡先交換してこんなに喜んでくれるんだと嬉しい気持ちになります。

その後に絶対連絡するから待っててね!と言って本当に連絡をしましょう。

男性は女の子から待っててねと言われるのが好きな人が多いです。

そしてちゃんと有言実行すると信頼関係がアップし、その後の関係性にも深く影響してきます。

絶対連絡するからと言ったらちゃんと連絡をしてお客さんを喜ばせましょう。

連絡するのを忘れてしまうとやっぱりなと思われて、もうお店に来てもらえないなんて事もあり得るので注意が必要です。

営業LINEを送るタイミング

キャバクラに来るお客さんの中には家庭がある男性も少なくありません。

家族の時間にキャバ嬢からの連絡が来ると変な誤解をされてしまって疑われてしまう事になります。

なので連絡をしても良いタイミングや忙しくない時間を聞いておく事が大切です。

ちゃんと言った通りの時間以外は連絡しないなどの心遣いができると、お客さんからの印象もアップします。

現役キャバ嬢がLINEで取り入れている次に繋げる営業術

LINE交換まではできたとしてもその次の営業が1番大切です。

ベテランキャバ嬢達はどうやって次の来店に繋げているのでしょう。

LINEで使えるテクニックがあるのなら知りたいですよね。

次につながるLINEの方法を3つほど紹介していきます。

「お店に来て!」はNG

お店来て!と言ってしまうと営業しているのがバレバレです。

しかも来てほしい時だけにこんなLINEをしてしまうとお客さんも「来てほしいときだけ連絡してきてなんなんだ!」となってしまいます。

キャバ嬢からすればお客さんに連絡するのは営業だよと思うかもしれませんが、あまりにも直接的だといい気分はしないのが普通です。

「お店に来て!」と言うのではなく「○○さんに会いたいな」など少し遠回しに送ると、お客さんも悪い気はしないはずですよ。

前回盛り上がった話題を織り交ぜる

「○○さんが言ってたおすすめのお店ってここだよね?」

「○○さんこの映画好きって言ってたよね?」

などと前回お店で話していた事を混ぜて送るととても印象が良いです。

沢山のお客さんと毎日話をしているはずなのに、前回自分とした会話をしっかり覚えていてくれたんだと嬉しい気持ちになります。

お店で話した内容をしっかり覚えておく事はとても大切です。

記念日に連絡する

初めてそのお客さんと会った日をメモしておいて記念日にしておくと、それを理由に連絡する事が出来ます。

「今日は○○さんと初めて会った記念日だよ!」と言うとお客さんは、日にちまでしっかり覚えていてくれたんだと喜んでくれます。

せっかくだから同伴してからお店に行くという流れに持っていきやすいのも記念日です。

小さい記念日を沢山作っておくと良いかもしれません。

まとめ

今回はキャバ嬢のLINEの交換方法から、次に繋げる方法まで詳しく紹介していきました。

LINEで営業するのはとても良い事ですが、沢山のキャバ嬢もやっている方法なのでどこかで差をつけなければいけません。

そんな時にどれだけお客さんのことを覚えているかが重要になってきます。

お客さんの細かい情報などを上手に聞き出して、次の営業に繋げていけるとキャバ嬢としてとても成長していけますよ。

おすすめの記事