キャバクラでおさわりはOK?境界線やキャバ嬢の対処方法を紹介! 

多少なりキャバクラではおさわりがありますがキャバ嬢からすると嫌な気持ちになります。

実際おさわりはОKなのでしょうか。

またアウトの境界線やキャバ嬢側が出来る対策方法もしっかり知っておきたいですよね。

今回はキャバクラでおさわりはОKなのかからアウトな境界線やキャバ嬢の対策方法を紹介していきます。

キャバクラのおさわりの境界線は?

キャバクラではよくあるおさわり。

キャバ嬢としての経験が浅いとこれぐらい普通なのかどこまでなら容認して良いのかと悩んでしまう人も多いと思います。

どのレベルでどうしたら良いのでしょうか。

おさわりの境界線について解説していきます。

おさわりの境界線

キャバクラは女性にお酒を作ってもらって飲みながらお話をする場所です。

風俗店とは違うので基本的におさわりはNG

腕を組んだり体をくっつけたりというのはそのお店や女の子によってグレーゾーンで厳しいとアウトになってしまう事があります。

軽いおさわりならお酒が入った状態という事も考えて注意程度で終わらせてもらえますが、それ以上(キスや舐めるなど)の行為になった場合は出禁になってしまうでしょう。

出禁にならなかったとしてもキャバ嬢からすれば嫌な行為なので止めてほしいですよね。

おさわりされやすいキャバ嬢

特におさわりをされやすいキャバ嬢には特徴があります。

どんな特徴かというと・・。

  • 声が小さい
  • 気が弱そう
  • 媚を売る接客スタイル

などです。

 

声が小さく気の弱そうなキャバ嬢相手だと「この子なら何も言わないだろう」と思われてしまうので、触りやすくなってしまうんです。

また媚を売ったり色恋営業のような営業スタイルだと「俺の事を好きだから触っても問題ない」と思われて、ガンガン触ってくる場合があります。

俺の事を好きだという誤解をしているので、どんどんエスカレートする危険がありますので本当に注意が必要です。

おさわりされにくいキャバ嬢

上記とは逆でおさわりされにくいキャバ嬢は

  • 気が強い
  • はっきり意見を言う
  • 媚を売らない

などの特徴があります。

 

気が強くはっきりと意見を言うので、おさわりをしてしまうとがっつり注意されてしまう可能性があります。

キャバ嬢と気まずくなりたくないからと触らなくなる人が多いです。

おさわりをされないキャバ嬢には、売れっ子が多いのも自信を持ってはっきりと意見を言う人が多いからでしょう。

キャバクラでおさわりされたら…キャバ嬢の対処方法

しかし多少なりのおさわりがあるのがキャバクラです。

対処法を知っているだけで落ち着いて対応できます。

おさわりをしてくるお客さんの対処はどうしたら良いのでしょうか。

そのお客さんによってどうしたら良いか変わってきますが、今回は6つほど対処方法を紹介していきます。

椅子は浅めに座る

基本的にキャバクラで接客をするときは椅子に浅く座り、自分の膝とお客さんの膝が触れるような姿勢をとります。

この座り方をするだけでおさわりされる確率はかなり下がります

実はこの姿勢、お客さんからするととても触りにくいんです。

しかも膝が触れているので触ったりはできていませんが、満足してくれるお客さんが多くいます。

本当に基礎的な事ですが、しっかりとした座り方をする事できっちりとした印象をつける事が出来ますし、なおかつおさわりも減らす事が出来るのでとても良いですよ。

お客さんの手を握る

おさわりをされたら手を握るキャバ嬢は結構沢山います。

キャバ嬢からすれば触られないように押さえつけるためですが、それを知られると振りほどかれてしまう事があるので注意。

押さえつけられたという印象ではなく、キャバ嬢から触ってきてくれたという印象にできると大抵のお客さんは満足しておとなしくしてくれる場合が多いです。

握り方をうまく考える事で成功率が上がるのでぜひやってみてくださいね。

違う話題で空気を変える

お客さんがおさわりをし始めたタイミングで全く違う話題に切り替えるのもおすすめ。

特におさわりをしにくい会話にする事で効果が大きくなります。

キャバ嬢にとってマシンガントークはあまりしてはダメですが、この時ばかりはしてもОK

突然のマシンガントークに驚いて手を止めるお客さんも多くいます。

会話の流れを変えるのは結構効果大なので試してみてくださいね。

お客さんを紳士キャラにする

違うお客さんにめちゃくちゃ触られていやだった

○○さんはそういう事しないから楽しいんだよね

と他のお客さんを引き合いに出して、今いるお客さんを紳士扱いしてあげます。

この方法が効果的なのはキャバ嬢に好かれて良く思われたいと思っているお客さんです。

ちなみにこの方法を最初からしておくと、おさわりの予防策にもなります。

嫌われたくないという気持ちが働くので、この方法は結構効果的ですよ。

笑顔で優しく叱る

あまりにも続くようなら早めに叱る事も大切です。

キャバ嬢は我慢していると嫌な気持ちになりますし、お客さんも何も言われないと「この子なら触っても何も言われない」と思われてしまってエスカレートしていってしまいます。

ダメです!」や「やめてください」とはっきりと伝える事が大切です。

あまり強く叱るのではなく、やわらかい雰囲気で言う事でお客さんの気持ちを損なわす事なく辞めてもらう事が出来ますよ。

ボーイに注意してもらう

どれだけキャバ嬢が努力をしてもなかなかやめてくれないお客さんも悲しい事に存在します。

もう自分じゃどうしようもできないと思ったら、すぐにボーイさんなどお店の人に頼りましょう

お店からそのくらい我慢してと言われたらどうしようと思ってしまう人もいるかもしれませんが、そんなことを言うお店は女の子を大切にしていない良くないお店です。

しっかり守ってくれるお店ならすぐにお客さんを退店させたり、今後出禁にしてくれたりするので、自分で対処できずに嫌だと感じたらすぐに伝えるようにしてくださいね。

まとめ

今回は、キャバクラでおさわりはOKなのか、おさわりの境界線やキャバ嬢の対処方法を詳しく紹介していきました。

そのキャバクラによっておさわりの基準には違いがあり、周りから見ると軽いボディータッチ程度に見えていたり、ボーイさんから見えないところでやられたりとなかなか難しいところもあります。

しかしキャバ嬢として働く女の子が嫌な気持ちになっているのに我慢する必要はありません。

指名のお客さんだったとしても、あまりにひどいようならお店に行ってすぐに助けてもらいましょう。

キャバクラは楽しくお酒を飲む場所という事を忘れずに、仕事をしていきたいですね。

 

おすすめの記事