昼職と夜職は掛け持ちできる?男女に共通する注意点とスケジュールを紹介

昼職と夜職を掛け持ちしているという話はよく聞きますが、本当に掛け持ちできるものなのでしょうか。

掛け持ちするときの注意点やスケジュールのコツがあるなら知りたいですよね。

今回は昼職と夜職の掛け持ちはできるのかという疑問から男女に共通する注意点とスケジュールについて紹介していきます。

昼職と夜職を両立している人は多い!

昼職と夜職を両立している人は意外にも多くいます。

夜職だけという人の方が珍しいと言われるときもあるほどです。

元々昼職しかしていなかったけど夜職デビューをしていたり、元々は夜職だったけど昼職も始めたという人もいて本当にパターンは様々

掛け持ちをする事は大変なイメージがありますが、どんなメリットがあるのでしょうか。

掛け持ちするメリット

昼職と夜職を掛け持ちするメリットの1番は金銭面です。

働いている時間が長くなる分お給料をもらえる機会が増えますし、夜職は給料が高いので金銭面ではとてもプラスになります。

しかしそれだけではなく、社会勉強や人脈を増やす事もできるのが夜職なんです。

昼職だけでは出会う事が無かったような人達にも会う事が出来て知り合いになれます。

そんなメリットがあるため掛け持ちで夜職を始める人は沢山いるんです。

男女に共通している注意点は?

昼職と夜職を掛け持ちする事には沢山メリットがある反面注意点もあります。

その注意点をしっかり理解してから掛け持ちをしていかないと本業の昼職に影響が出てしまう事に・・。

あまりにも大きな影響を出してしまうと昼職を辞めなくてはならなくなるかもしれません。

そうならないために注意点をしっかり理解しておきましょう。

男女に共通する掛け持ちの注意点は・・。

昼職の勤務先へバレる

最近は副業ОKの会社も増えてはきていますが、まだまだ禁止としているところもあります。

昼職の勤務先が副業禁止でバレてしまった場合、最悪解雇されてしまう可能性も・・。

見られなきゃばれないと思って軽い気持ちで掛け持ちしがちですが、住民税等でバレてしまう可能性は十分にあります。

自分の勤めている会社が副業ОKな所なのかしっかりと確認してからにすることでバレても問題なく働けるので、確認は忘れないようにしましょう。

時間が不規則になり疲れが溜まる

昼職と夜職の掛け持ちは基本的に体力勝負です。

アフターが無いときはすぐに帰宅して寝る事が出来ますが、アフターに行ってしまうと帰宅するのが深夜2時なんてことはざらにあります。

睡眠時間が削られるので疲れが溜まり体調を崩してしまうことも・・

あくまで夜職は副業という事を忘れずに、あまり無理をしない程度に出勤する事が大切です。

体調を崩してしまうとなんの意味もなくなってしまうので気をつけましょう。

昼職に支障をきたす可能性がある

睡眠不足や疲労から昼職でミスが増えるなど支障が出る可能性は多くあります。

そうなってしまうと元も子もないですよね。

しっかりと休息をとる事で昼職に支障が出る事は防げるはずです。

自分の限界をしっかりと理解して、無理しすぎない程度に抑えるのが本当に重要な事ですね。

出費が増える

夜職は入ってくるお金も多い分、出ていくお金も多くなってしまいます。

美容代やドレスやバック代など、昼職ではかからなかったお金がかかってしまう事があるのです。

しかしある程度の売上を出すことが出来ていれば、この面で損する事は無いでしょう。

それに美容代などは自分を綺麗にするためなので自分の為と思うと損した気持ちにはならないはずです。

休みの日でもお客さんとの関わりが必要

夜職を始めると休みの日もお客さんに連絡をしていないといけません。

休みの日でもお客さんと常に関わっているので、気が休まるときがなくなってメンタルがしんどくなってしまう事も・・。

お客さんは大切な存在ですが、自分が辛くなっている時にお店に来ても楽しくないはずです。

無理だと思うときは一度連絡をするのを辞めて、しっかり自分を休ませてあげる事も大切。

昼職をしていると知っているお客さんならなおさら理解してくれるはずですよ。

税金・確定申告のこと

昼職と夜職の掛け持ちだけでなく、ダブルワークをしているほとんどの人は税金を支払ったり、確定申告をしないといけなかったりします。

きちんと理解しておかないと会社に通知が行ってしまったり、相当な額を請求されることも。

そうならないためにも、しっかりと税金や確定申告の事について知っておく事が大切です。

【男性】昼職・夜職を掛け持ちするときの注意点

上記に書いていった事は男女ともに昼職と夜職を掛け持ちする場合の注意点でした。

ここからは男性が昼職と夜職を掛け持ちする場合の注意点についてまとめてきます。

男性はどんなところに気を付けて掛け持ちをする必要があるのでしょう。

詳しく紹介していきます。

出会いが多く女性への不信感が生まれる

ボーイとしてキャバクラで働くと女性との関わりは沢山生まれます。

しかし、表も裏も見ることになってしまうんです。

そんなところを見ているとだんだんと女性に不信感を抱いてしまう人も。

そうなってしまうと夜職と全く関係の無いところで出会った人でも、なかなか信用できないとなってしまう人もいるのです。

男性は夜職の職種もさまざま

男性の夜職には様々な業種があります。

ホスト・女の子をスカウトするスカウトマン・風俗店スタッフ・ラウンジやキャバクラのボーイ・ボーイズバー・サパーやアフターバー・デリヘルの送迎ドライバーなどなど本当に沢山の種類があります。

女性よりも選択肢が多く、自分に合った職業を選ぶことが出来るので長く続けていく事が出来そうですよね。

改めてみていくと男性の夜職って意外と種類豊富ですよね。

【女性】昼職・夜職を掛け持ちするときの注意点

次は女性が昼職と夜職を掛け持ちする場合の注意点です。

男性とは違い、女性特有の気を付けるところはあるはず。

一体どんなところに気を付けて昼職と夜職を掛け持ちしたら良いのでしょうか。

詳しくまとめていきます。

ボーイとの恋愛

一緒にいる時間が長く、相談に乗ってもらったり頼りになるボーイさん。

ちょっとかっこいいななんて思ってしまうことも・・。

しかしキャバ嬢がボーイと恋愛する事はご法度です。

バレれば最悪の場合どちらも退店させられてしまいます。

自分の為にも相手の為にも、お店内で恋愛する事はやめましょう。

不規則な生活なので美容管理が大変

掛け持ちをしてダブルワークになると生活習慣が不規則になったり、寝不足が原因でひどい肌荒れになってしまうという事は結構あります。

今までと同じケアでは補えなくなってしまうのでしょう。

その分エステに行く回数を増やしたり、自分に合ったスキンケア用品を見つけて使う事が大切です。

美容管理は苦労するかもしれませんが、見た目が大切な職業なので手を抜くことなくしたいですね。

危ない目に遭う可能性も

夜職を掛け持ちしている事で危険な目にあう可能性も少なからずあります。

夜職のお客さんが昼職の会社を特定してくることもあるかもしれません。

誰がいつどこで何を見ているか何を聞いているか分からないのが現実です。

気を抜かずにいる事で防げるはずなので、お客さんはお客さんとして接する事を徹底しましょう。

掛け持ち経験者のリアルスケジュール

実際に掛け持ちをしている人はどのようなスケジュールで動いているのか気になりますよね。

実際に掛け持ちを経験したことがある人のスケジュールがこちらです。

7時  起床

8時半 出勤

12時~1時 お昼休憩中にお客さんへの営業連絡

17時   退社

19時  同伴後出勤

24時  営業終了(この後アフターに誘われる事もありますが、昼職が休みの時だけにするなど工夫が必要)

26時  就寝

このようなスケジュールになる事が多いのではないでしょうか。

夜職をしている人にとって同伴やアフターはとても大切な営業です。

しかし昼職と掛け持ちをしていると思うようにできない事は出てきてしまいます。

しっかりとスケジュール管理をして、できる事を増やしていくのが大切です。

まとめ

今回は昼職と夜職の掛け持ちはできるのか、から男女に共通する注意点とスケジュールを紹介していきました。

掛け持ちをすると大変な事も多いですが、それだけではなく貴重な経験も沢山する事ができます。

迷っているのなら一度やってみるのも良いかもしれません。

何事も経験ですよ。

おすすめの記事