水商売が親バレする原因とは?バレずに働くコツとバレたときの対処法

隠しながら水商売をしていて親バレしてしまったというのはよく聞く話です。

しかし一体なぜ親バレしてしまうのでしょうか。

バレずに働くコツやバレたときの上手な対処法があるのなら知りたいですよね。

今回は水商売が親バレする原因からバレずに働くコツそしてバレたときの対処法について紹介していきます。

水商売を反対する親は多い?

水商売は反対する親が多い職業です。

賛成してくれる親の方が珍しいほど。

水商売は多少なりおさわりがありますし、危険な目に合う可能性も他の職業より高くなってしまいます。

自分の子どもがそんな場所に身を置いていると知ると、不安になってしまうのは仕方がないですよね・・。

実家住みの人は特に注意

親に水商売をしている事を隠していて実家に住んでいる人は本当に注意が必要です。

気をつけないとすぐにバレてしまうことになります。

実家だと生活のすべてが分かってしまうので、思っていた以上にバレやすいのが現実です。

実家に住んでいる場合は親を説得するのも良いかもしれませんね。

水商売が親バレする原因

一体どんな時に水商売をしているとバレてしまうのでしょう。

いくら気を付けていても、ふとした時に癖のように出てしまう部分があるのです。

親バレしやすい部分を分かっておくと、対策しやすいですよね。

どんな時にバレやすいのかというと・・。

金銭感覚が変わる

水商売は入ってくるお金も多いですが、出ていくお金も多い仕事です。

普通のバイトでは手に入れる事が出来ない金額ひと月でもらう事もあります。

そうすると高い安いの感覚がだんだん鈍くなってきて、他の人は高いと思いなかなか買わないものでも、簡単に買ってしまったりと言う事になるのです。

そんな時にどんな仕事しているんだろうと疑問に思われるのも仕方ないですよね・・。

帰宅時間が変わる・酔っ払って帰る

水商売をしていると店終了後すぐに帰っても夜中ですし、アフターに行く事があれば帰宅時間は朝になってしまうという事もあります。

1人暮らしをしていれば帰宅時間でバレる事はありませんが、実家に住んでいると違います。

数回の朝帰りなら誤魔化せますが、頻繁にしていると心配もされますしすぐにバレてしまう恐れが…。

帰宅時間や酔っ払いながら帰るという事には注意しないといけません。

持ち物が高価になる

水商売は給料が高いという事もありますが、店で自分を高く見せる武器のように高価なブランド物を持ちます。

あまりにも高価なブランド品や沢山のブランド品が家に置かれていると、何か危ない事しているのではないか?と思われ、親から質問されるに違いないですよね。

そんな時に誤魔化しきれなくなってバレてしまう事も・・。

高すぎるブランド品は隠しておくなど対策が必要ですね。

職業病が出てしまう

ご飯を食べに行ったときに職業病のように専門用語が出てしまうという人は沢山いるはず。

水商売をしていると知っている友達との時なら笑い話で済みますが、親とのご飯の時はそうはいきません。

うっかり専門用語が出てしまったら分かる人にはわかります

そうなったら誤魔化すか認めるかはもう自分次第ですね(笑)

親が店に来店してしまう

上司との二次会などでキャバクラに来る人は沢山います。

たまたま自分の店に親が来店してしまったら・・

これはもう誤魔化せませんが、フリーの場合席にはつかないようにしてもらったり、理由を話して裏でどうにかしてもらう事が大切です。

自分も気まずいですが、親も気まずいですよね(笑)

親バレせずに働くコツ

親バレするタイミングについて紹介していきましたが、逆にどうやったらバレにくくなるのかも知りたいですよね。

親バレしないコツなどはあるのでしょうか。

バレないコツがあるのならしっかりと分かってバレないようにしたいですよね。

親バレしないコツは・・。

生活態度を変えない

帰宅時間など生活態度が変わるととてもバレやすくなってしまいます。

水商売をしていると生活態度を全く変えないというのは難しいはず。

しかし大幅に変えるのではなく、少しずつ変えていく事でバレにくくなるんです。

ゆっくり少しずつ変えていくという事が大切ですね。

身に着ける物や持ち物に注意する

昼職をしている若い子がなかなか買えないようなものまで買えてしまうのが水商売ですし、お店や出勤の時に使うのは何の問題もありません。

しかしプライベートの時に使っていると、なんの仕事をしているのか・危ない事していないかなど聞かれかねません。

身に着ける物や持ち物はしっかりと場所や人を考えて身につけるのが大切ですね。

親の職場近辺や生活圏内は避ける

家から近いところを勤務先にしたくなるのはわかります。

しかしそれをしてしまうと、親や知っている人が来店する確率が高くなってしまうのです。

いつどこで誰が見ているかわかりません。

なので親の職場近辺や生活圏内で水商売をするのはやめましょう

少し大変ですが、ここを気を付けるだけで結構バレにくくなりますよ。

HPやSNSなどで顔出ししない

今は誰でもいつでもホームページやSNSを気軽に見ることが出来ます。

そんな気軽さから、水商売をしている人も積極的に顔出しをしているのです。

ホームページやSNSに顔出しをする事で売上にもつながるので、有利になるという理由もあります。

しかし、誰でも気軽に見ることが出来るので、親や周囲の人にバレる可能性は多くあり、バレたくない人は売上面で苦労する事はあるかもしれませんが顔出ししないほうが良いでしょう。

仕事に使うドレスや名刺を持ち帰らない

実家に住んでいる人は、ドレスや名刺を持ち帰らない事は徹底するべきです。

ドレスや名刺を持って帰って見られてしまったら、もう言い訳する事は出来なくなってしまいます

そんなことを防ぐために持ち帰らない事が大切。

名刺を間違えて持って帰ってきてしまったという時には、絶対にバレない場所に隠しておきましょう。

仕事の携帯を使い分ける

仕事とプライベートで携帯を分けるという事もとっても大切です。

1つの携帯を使っていると、酔っている時に誤送信してしまう可能性もあります。

2つ携帯を持っているとそんなことも防げるので、仕事とプライベートの携帯を分けて使いましょう。

仕事用は経費として落とせる場合がほとんどなので、料金的にも安心です。

アリバイ会社を利用する

アリバイ会社というのがあるのは知っていますか?

どんな会社かというと、勤務先や収入、そして雇用形態など社会的地位を偽装してくれる会社です。

源泉徴収などを作成してくれるので親の信用を得やすくなります

あくまで偽りの身分なので、バレたときに揉める事は間違いないですが、バレにくくなるという面では良いのかもしれません。

一人暮らしをするのが1番

どれだけバレないように生活していても、いつかふとした瞬間にバレてしまうので隠し通すという事は不可能に近くなってしまいます。

なので1番良いのは1人暮らしをするという事。

1人暮らしをしているとどんな生活をしているかはわかりませんし、格段にバレにくくなります

なので絶対にバレたくないという人は、早めに1人暮らしを始める事が本当の対策になるでしょう。

親にバレてしまった時の対処法

そう言っても1人暮らしをなかなかできない理由のある人もいますし、引っ越す直前でバレてしまう何てこともあるかもしれません。

もしも親に水商売をしている事がバレてしまった時はどうしたら良いのでしょうか。

バレてしまった時何をしたら良いかまとめてみました。

素直に謝って説得する

まずは隠して働いていたという事に対してしっかりと謝りましょう

理由は何であれ隠して働いていたのは自分です。

まずは謝ってから、働き始めた理由やどんな店なのかしっかり話して理解してくれるように動きましょう。

しっかりと話せば納得してくれる親もいるはずです。

働いているお店に親を呼ぶ

話をするだけでは信用できないというような親の場合は、働いているお店に親を呼んで、働いているところを見てもらうという事も大切。

世間的には水商売に偏見が多くありますが、実際見てみると応援してくれる事もあります。

一生懸命働いている所を見てもらうと、少しずつ考えが変わるかもしれませんよ。

店長にも協力してもらう

お店に呼ぶのはちょっと・・という人は店長に協力してもらうのもありです。

売上のある子や頑張っている子には残っていてほしいのがお店の本音

なので親に反対されているという事を話すと、間に入って話をしてくれる事もあります。

頑張っているところや安全についてもしっかり第三者として話をしてくれるので、親としても受け入れやすくなるかもしれませんね。

まとめ

今回は、水商売が親バレする原因からバレずに働くコツ、そしてバレたときの対処法まで紹介していきました。

親からすれば水商売は心配になってしまう職業という事は間違いありません。

しかししっかりと説得する事や双方が納得のいく条件を付ける事で続けていけるはずです。

それに水商売をしているとバレている方が楽なのは事実。

しっかりと話をしてみても良いかもしれませんね。

おすすめの記事