黒服(ボーイ)とはどんな仕事?気を付けたい風紀からあるあるまで紹介

キャバクラでキャストと同じくらい大切な存在なのが黒服(ボーイ)さん達。

存在は知っていても詳しくどんな仕事をしているのかあまりわからないという人も少なくないはず。

また気を付けなければいけない風紀というものもありますし。よく経験するあるあるもあるんです。

今回は仕事内容・気をつけたい風紀とは・・?からあるあるまで詳しく紹介していきます。

黒服(ボーイ)の仕事内容とは

黒服(ボーイ)さん達の仕事は様々なものがあります。

キャバクラの営業時間中は、注文されたドリンクやシャンパンなどを席に運んだお会計の対応をしたりします。

その他にもキャストの付け回しをして指名が被ってしまった場合、お客さんを退屈させないようにうまく回していくのも黒服(ボーイ)さん達の仕事です。

良い黒服(ボーイ)さんの居る店は女の子が売上を上げやすいお店になるので、お店にとっても女の子にとっても大切な存在です。

そもそも黒服とボーイは違う?

黒服とボーイはどちらも水商売のお店に居る男性スタッフですが、実は違った意味になるんです。

ボーイさんと言われるのが主にホールで仕事をしている男性スタッフ達。

黒服さんは経営側に居る人達の事。

黒服さんの仕事はキャストやボーイへの指示を出したり、何か問題が起きたときに対処をする事です。

最初はボーイで雑務をする事になりますが、認められて昇格すると黒服になります。

同じように考えられてしまいますが違った立ち位置の存在なんですね。

黒服(ボーイ)はバイトでもできる?

黒服(ボーイ)はバイトでも経験できるのかは気になる部分かと思います。

実は、黒服(ボーイ)の仕事はアルバイトでも経験する事が出来るんです。

キャバクラは高いお金を払ってお酒を飲む場所なのでそれに見合った接客が求められます。

他のアルバイトよりも厳しい部分はあるかもしれませんがその分お給料も多くもらえますし、普通の生活だと出会うことの無いような人とも出会う事が出来るので社会経験を積むにはとても良い環境かもしれません。

黒服の身だしなみ

見られて無さそうで意外と見られているのが黒服(ボーイ)達の身だしなみです。

凄く綺麗なキャストが揃っていても黒服(ボーイ)がだらしないと行きたいと思えるお店にはなりませんよね。

自分でスーツを用意しないといけないお店もありますが、制服をもらえるお店もあります。

スーツを用意する場合はあまり派手ではない黒っぽい物が良いでしょう。

髪型はあまり制限のないお店が多いですが、清潔感があって派手すぎない色が良いかもしれません。

お店の主役はあくまでキャストの女の子たちです。

キャストより目立つことが無いように気をつけたいですね。

黒服の1日のスケジュール

黒服のスケジュールは一体どんな感じなのでしょうか。

大体の動きをまとめてみました。

 

・出勤

キャバクラが営業開始する1時間ほど前に出勤します。

そして店舗の掃除からドリンクの在庫チェック、そしてチャームやおしぼりの確認まで営業に必要な物をしっかりと揃えておくのです。

 

・営業中

上記でも書いたように、営業中はドリンクを席まで運ぶ・女の子の付け回し作業から、トイレが汚くなっていないかのチェックまでしっかりと行っていきます。

基本的に営業中は店舗内のどこに居ても情報共有ができるように常にインカムを付けています。

 

・営業終了後

営業終了後黒服(ボーイ)さんはすぐ帰る事はできません。

店舗内の掃除をした後に在庫チェックから発注作業までをしておかないといけないのです。

残って仕事をしないといけないのは大変ですが、これをしてくれているおかげでスムーズな営業が出来ています。

黒服(ボーイ)あるある5選

ここまで黒服(ボーイ)の仕事について紹介していきました。

陰で頑張ってくれている黒服(ボーイ)さん達にはあるあるがあります。

一体どんなあるあるなのでしょうか。

5つ紹介していきます。

黒服あるある①キャバ嬢の出勤確認

黒服が絶対にしないといけない作業の中にはキャバ嬢の出勤確認というのがあります。

今日の出勤から休み、そして同伴までしっかりと把握しておかないといけません。

特に注意が必要なのが当日欠勤。

接客業なのでモチベーションが落ちてしまったり、メンタルが弱っていたりすると当日欠勤してしまう女の子はよくいます。

そんな女の子に対してうまく説得をして出勤できるようにしたり、不安を取り除いてあげるのも黒服(ボーイ)さんの仕事だったりもするのです。

黒服あるある②キャバ嬢の介抱に慣れている

酔いつぶれたキャストを送迎したり介抱したりするのも黒服(ボーイ)の仕事です。

最初は酔いつぶれた人の介抱は大変に感じますが、だんだんと慣れていきます(笑)

キャバ嬢だけでなく酔いつぶれたお客さんにも対応しないといけないので、意外と力仕事でもあるんです。

慣れるまでは大変ですが慣れるとなんとも思わなくなるのだとか・・。

黒服あるある③お客さんに気に入られる

黒服(ボーイ)としてキャバクラで働いているとお客さんと接する場面が多くなります。

きちんとした態度で接しているとお客さんが好いてくれることも少なくありません。

黒服(ボーイ)がお客さんに好かれるとキャストの女の子やお店の売り上げにも繋がることはもちろんですが、人脈が広がるのでその後の自分のやりたいことを有利に進めることが出来る可能性もあるのです。

しっかりとお客さんに接することはいろいろな面で良いことなんですよ。

黒服あるある④無茶振りが多い

キャバクラはお酒を飲む場所なので、酔っ払ったお客さんから一発芸・お酒の一気飲みなどの無茶ぶりをされることも少なくありません。

一発芸が得意だったりお酒を飲める人は飲んだ方がその場も盛り上がりますし、お客さんに気に入られるのでできればした方が良いかもしれまん

しかしそれ以外も他のお客さんの迷惑になってしまうようなお願いをしてくる場合もあります。

そんな時は無理に応える必要はありません。

他のお客さんの迷惑になってしまうので・・」とはっきり伝えても良いですし、「怒られちゃいますよ!」と冗談っぽくかわしても良いので、なんとか逃げ切りましょう。

黒服あるある⑤時には理不尽なことも

キャバクラはお酒を飲む場所なので酔っ払ったお客さんから、言いがかりをつけられたり暴力的な事をされることも無いわけではありません。

しかし相手は酔っ払いなので正論を言っても話になりませんし、正論を言ってしまうともっとヒートアップしてしまうこともあります。

なので何か理不尽な事を言われたりされたりしても、うなずいて話を聞いてあげてなだめると意外と丸く収まるものです。

しかしどうしても聞き入れてくれない場合もあるかもしれません。

そんな時はお店の代表や、自分よりも経験年数の長い黒服(ボーイ)に対応を変わってもらうと良いでしょう。

黒服が気を付けるべきは風紀!

ここまで黒服(ボーイ)の仕事内容やあるあるについて紹介していきましたが、仕事をするうえで気をつけなければいけない事があります。

それは風紀と言われるもの。

風紀が何なのかわからない人もいるかと思います。

風紀とは一体何なのか・なんで気を付けないといけないのかについてまとめていきます。

風紀とは?

風紀とは、同じお店で働く女の子と関係を持ったり付き合ったりすることです。

キャバクラには可愛い女の子が沢山いますが、同じお店内で付き合うことはタブー。

では一体なぜ同じお店の中で付き合ってはいけないのでしょうか・・。

風紀が禁止されている理由

風紀が禁止の理由はいくつかあります。

まず第1に、お客さんへの裏切り行為になるからです。

お客さんは高いお金を払って女の子とお酒を飲みに来ています。

キャストと黒服(ボーイ)が付き合っている事を知ったら、もうお店に来てくれなくなることでしょう。

そして同じお店で働いているとどうしても目で追ってしまったりして接客がおろそかになってしまう可能性もありますし、他のキャストへの接し方などでも揉めたりすることもありえなくはありません。

そうなるとお店内の雰囲気も悪くなってしまい全員が働きにくい環境になってしまうので、風紀は禁止されているのです。

風紀がお店にバレたらどうなるの?

上記の理由から禁止されている風紀ですが、もししていてバレた場合は大変です。

そのままお店で2人とも働かせてくれる場合もありますが、ほぼ確実に高額の罰金になります。

そして最悪の場合はお店を辞めさせられてしまいます

特に相手が人気キャストだった場合はお店の損失も大きいので、黒服(ボーイ)だけが辞めさせられる場合が多いでしょう。

そうならない為にも風紀は絶対にしないようにしましょう。

まとめ

今回は黒服(ボーイ)の仕事内容からあるある、そして風紀についてまとめてみました。

他の仕事ではなかなかすることが出来ない経験ができるのが黒服(ボーイ)の仕事の良いところです。

風紀などタブーな事を気を付けていれば、きっと良い経験になるはずです。

キャバクラで働くか迷っている人は1度チャレンジしてみても良いのではないでしょうか。

関連キーワード
おすすめの記事