キャバ嬢とホステスの違いは?あなたにぴったりの働き方を選ぼう!

キャバ嬢とホステスを同じような職業だと思っていませんか?

似ているようですが「キャバ嬢」と「ホステス」には様々な違いがあります。

自分がキャバ嬢とホステスどちらに向いているのかしっかり知って働き方を選びたいですよね。

今回はキャバ嬢とホステスの違いについて詳しく調べてみました。

「キャバ嬢」と「ホステス」の違いって何?

キャバ嬢とホステスのはっきりとした違いがわからない人も多いと思います。

しかしキャバ嬢とホステスでは働くお店から接客する客層また、接客スタイルまでもが変わります

せっかく働くのなら自分に合っている方で働きたいですよね。

キャバ嬢とホステスの詳しい違いを見ていきましょう。

働いているお店

キャバ嬢とホステスは働いている店から違います。

  • キャバ嬢⇒キャバクラ
  • ホステス⇒高級クラブ等のクラブ

    一般的にはこんな風に分けられます。

    しかし、まれにスナックで働いている人のこともホステスという場合もあるので、注意してみることが大切です。

    接客する客層

    キャバクラで働くキャバ嬢とクラブで働くホステスでは接客する客層も違ってきます。

    キャバ嬢
    キャバクラは1万円あれば遊ぶ事もあり、20代~の若いお客さんが多く、キャバ嬢と一緒にワイワイ楽しくお酒を飲む雰囲気です。
    ホステス

    一方クラブの料金は5万円以上が相場です。

    なのでお客さんも40代以上の方が多く、落ち着いた空間でゆっくりとお酒を楽しむ雰囲気です。

    接客スタイル

    キャバ嬢

    キャバ嬢の接客スタイルは1人が基本です。

    フリーで入店した場合15~20分間隔でキャバ嬢が入れ替わりで接客をします。

    なので15~20分と短い時間でお客さんに自分を印象付けて「指名」につなげる接客スキルが必要です。

    ホステス

    ホステスの接客は複数人でするのが基本です。

    「係」という役のホステスの周りに違うホステスもついてヘルプのような形で接客をします。

    1度係になれればお客さんと親密になるのもホステスの特徴です。

    「指名」と「係」の違い

    上記で出てきた「指名」と「係」という言葉。

    似ているようで違う意味なんです。

    キャバ嬢

    キャバ嬢には、最初からお気に入りのキャバ嬢を選ぶ「本指名」とフリーで入店してから気に入った女の子を選ぶ「場内指名」という2つがあります。

    しかもキャバクラは複数のキャバ嬢を指名することもできますし、違うキャバ嬢を気に入ったときにはそのキャバ嬢に指名を変えることもできてとても自由度の高い指名制度です。

    ホステス

    ホステスにはキャバクラのような指名制度はなく、「係」という制度になっています。

    気に入ったホステスを自分の係にする事ができるのですが「係」は半永久的です。

    ホステスが引退するなどの理由がない限り「係」を変えることはできません。

    ママがいるかいないか

    キャバ嬢

    キャバクラにはママがいないので、新人の育成や教育等はボーイが行います。

    教育係のボーイはいますが、キャバ嬢は1人プレーの仕事なので自分自身を売り込む接客スキルは自分で身に着けていく必要があります。

    ホステス

    クラブにはママというホステス達の教育をしながらお店をまとめていく女性がいます。

    ママはお店の偉いホステスという立場なので他のホステス達はママの意向にそった接客スタイルで接客をしていきます。

    ママの好む接客はどんなものなのかをしっかり習得する必要があるのです。

    キャバ嬢とホステスの年齢層や服装の違いは?

    お客さんの年齢層が違うのはわかりましたが、女の子の年齢は一体どうなのでしょう。

    また衣装やメイクに違いはあるのでしょうか。こちらについても詳しくまとめてみました。

    お店で働く年齢層

    キャバ嬢

    キャバ嬢は18~20代半ばの若い女の子が多いです。

    学生やOLをしながらキャバ嬢として働いている子も多くいます。

    ホステス

    ホステスは20代後半~30代前半のキャバ嬢よりは少し上の落ち着いた年齢の女の子が多いです。

    Оlをしながらという人もいますが、専業主婦やママとして昼間頑張っている人も多く働いています。

    メイク・衣装

    キャバ嬢

    キャバ嬢はしっかりとメイクとキラキラとしたかわいいヘアセットに華やかで露出高めなドレスを着て接客するのが一般的です。

    比較的派手めな人が多いのもキャバ嬢。

    ホステス

    ホステスは落ち着いた派手すぎないメイクに上品なスーツや着物を着て髪の毛も結った状態で接客するのが一般的です。

    露出を少なくここでも落ち着いた印象になりますね。

    キャバ嬢とホステス!自分にあう働き方は?

    ここまでキャバ嬢とホステスの違いを書いていきました。

    色々な面で違いがあることがわかりましたよね。

    そんな違いからキャバ嬢に向いている子、ホステスに向いている子というのが分かれていきます。

    どんな子がどちらに向いているのでしょう。

    ホステスに向いている女性の特徴

    ホステスに向いている女性は、お客さんにスポーツや政治、芸術などの話をされてもついていける知識が豊富で教養のある女性です。

    そしてこれも年齢が上の人を相手にするからか話し上手よりも聞き上手の女性が好まれます。

    副業としてホステスをというよりはホステス一本の女の子が求められるのも特徴です。

    キャバ嬢に向いている女性の特徴

    キャバクラは明るくてノリの良い子が好かれます。

    どんな年代の人でもテンポよく会話が出来て盛り上げるトークスキルが必要になるようです。

    そしてキャバクラにはいろいろなお客さんが来るのでメンタルの強さも重要になってきます。

    まとめ

    今回はキャバ嬢とホステスの違いから、どんな人が求められているのかまで詳しく調べてみました。

    キャバ嬢とホステスは一見似たような職業に思われがちですが、来るお客さんの年齢層が違うことで求められている接客方法や服装などすべてが違います。

    自分に合っている方をしっかり選択しないと、売り上げにも関係してしまうのでちゃんと見極めていないとですね。

    おすすめの記事