友達営業(友営)のやり方を徹底解説!色恋営業との違いについても

キャバ嬢にはいろいろな営業方法があります。

キャバクラは疑似恋愛を体験する場所なのでどうしても色恋営業になりがちですが、できれば友達営業にしたいという人も多いですよね。

色恋営業との営業の違いは何なのでしょうか。

今回は友達営業のやり方から色恋営業との違いについても徹底解説していきます。

キャバ嬢が知っておくべき友達営業(友営)とは?

色々な営業方法があるキャバクラですが友達営業、いわゆる友営とは一体どんな物なのでしょう。

疑似恋愛を体験するために来ているのに友営って?と思ってしまう人も多いと思います。

しかし色恋だけではやっていけないのがキャバ嬢です。

どんなタイプでどんな年齢の人が友営するお客さんに向いているのか気になりますよね。

友営とは一体どのようなものなのでしょうか。

キャバ嬢の営業スタイルは主に4つ

キャバクラの営業スタイルはざっくりと4つあります。

具体的に上げていくとこちらの4つです。

  • 色恋営業
  • 友達営業
  • 飲み営業
  • オラオラ営業

色恋営業と友達営業については下記で詳しく説明していきます。

 

 

・飲み営業

飲み営業はとにかく沢山お酒を飲む営業です。

綺麗で沢山お酒が飲める人とワイワイしたいお客さんが喜ぶスタイル。

場の盛り上げ役として頼りにされている人が多いです。

 

・オラオラ営業

オラオラ営業は女の子にわがままを言われた経験が少ない人にとても人気のある営業です。

女の子に強気に言われた事がないからこそ、この営業スタイルがハマるのでしょう。

友達営業(友営)は友達のような感覚でお客と接する

友達感覚で営業をするのが友営の特徴。

お客さんにとっての理想の女友達となる事でお客さんを増やしていく営業スタイルです。

友達営業は本当に友達のような感覚で接するので男女の感情問題になる事が少なく、一番長続きする営業方法なのです。

現状維持で良いのでキャバ嬢側としても楽ですね。

友達営業(友営)と色恋営業はどう違う?

友達営業と色恋営業は全く違う営業スタイルです。

友達営業は仲の良い女友達という位置なのであくまで友達ですが、色恋営業は恋愛感情があるように演出する営業方法。

2つの営業方法や関係性の違いをしっかり知って、自分にどちらの営業が合っているのか見極める事が大切です。

友達営業と色恋営業の違いは具体的に何なのでしょう。

色恋営業とは

色恋営業は簡単に言えばお客さんのことを好きな振りをする営業方法。

思わせぶりな態度をとりますが、あくまで仕事なのでお店に呼ぶ事が目的です。

夜のお店で一番スタンダードな営業方法ですね。

多くの人は好きな人の役に立ちたい、会いたいという気持ちから沢山お店に来てお金を使ってくれます。

1番早い営業方法に感じてしまいますが注意が必要なのも色恋営業なのです。

友達営業(友営)のメリット・デメリット

長く関係性を続けやすい友達営業ですがもちろんメリット・デメリットがあります。

具体的に紹介していくと・・。

 

メリット

  • 男女関係の感情がないので長く関係性を続けることが出来る
  • 友達としての距離感なので関係性をコントロールしやすい
  • 男女関係のもつれからくるストーカー被害などに合いにくい

 

デメリット

  • 盛り上げ役という立ち位置になりやすいので単価が上がりにくい
  • 友達に対してお金を沢山使いたいという人は少ないので来店率に繋がりにくい
  • お客さんの下心をうまくかわしていくのが難しい

色恋営業のメリット・デメリット

もちろん色恋営業もメリットばかりではありません

具体的に紹介していくと・・。

 

メリット

  • 恋愛感情があると来店数や売上に繋がりやすい
  • 会話や接客に自信が無くても営業しやすい
  • 主導権を握りやすい分わがままを言いやすくなる

 

デメリット

  • お客さんが本気になってしまう事がある
  • 恋愛に繋がらないと分かると離れていくお客さんがいる
  • 関係性がもつれてストーカーなどの被害にあう事がある

失敗しない友達営業(友営)のやり方

友達営業は色恋営業よりも難しくテクニックが必要な営業方法だと言われています。

多少なり下心があるお客さんが多いのがキャバクラ。

その下心を友達のような感情に変えていくのはそう簡単な事じゃないのは当たり前です。

どうしたら友達営業が成功するのでしょう。

やり方について詳しく解説していきます。

異性を感じさせない

友達営業を成功させるのに1番重要な部分はここです。

元々下心があるお客さんが多いので女を見せてしまうと友達としては見られません

女としてではなく尊敬できる人として売り込むのが大切です!

態度の悪いお客さんとも上手にコミュニケーションをとったり、同伴やアフターを頻繁にしたりとキャバ嬢という仕事への本気度を見せる事で異性というよりも尊敬できる人に変わっていきます。

尊敬できる人という認識になれば友達のような営業はしやすくなるのです。

対等な関係を作りつつ丁寧に

類は友を呼ぶとよく言われますが、人間は自分と似た人を近くに置きたがります。

それはキャバクラでの友達営業でも一緒です。

なのでまずはお客さんと対等な関係を作る事が重要。

対等な関係性ですが丁寧な接客をするとラフな感じが出てお客さんもリラックスする事が出来ます。

それに個性をプラスできると恋愛以外の部分で惹かれるところができるので、友達のような感覚になりやすくなるのです。

お客さんのテンションに合わせる

友営を成功させるにはお客さんとテンションを合わせて同じテンポで話すことが大切。

同じテンションでいていくれる人に親しみを感じる人が多いからです。

なので、声の大きさ・テンポ・声のトーンをお客さんに合わせて変えていきます。

上記でも書きましたが、自分と似た人を好きになるのが人間です。

そこを意識する事でお客さんから好印象になりますよ!

営業LINEをしない

友営では「一緒に飲みたいな~」などのあからさまな営業ラインはしないほうが良いです。

甘える存在というよりは自分と同等のような関係を築いていかないといけないので、友営のお客さんにするラインは内容を変えます。

自分の空いている時間や営業時間以外に、つっこみどころのある面白ラインや日常会話をするととても良いです。

あくまでお客さんなのである程度丁寧にする必要がありますが、あまりかしこまりすぎないのも友営の特徴ですので理解してラインをしましょう。

まとめ

今回は友達営業のやり方から色恋営業との違いについて詳しくまとめていきました。

疑似恋愛のようなものを楽しむキャバクラで友達営業をするのは少しテクニックがいります。

ですが成功すると色恋営業よりも長く続く関係性になる事ができますし、ストーカーなどの最悪の被害にあう可能性も少なくなります。

なので友達営業のお客さんを沢山作る事ができると良いかもしれませんね。

 

おすすめの記事