売れないキャバ嬢の時給は2000円?売れない特徴やNG行為まとめ

売れるキャバ嬢と売れないキャバ嬢の違いは何でしょうか?

売れないキャバ嬢の特徴が何なのか気になりますよね。

そして売れないキャバ嬢だと、なんと時給が2000円なんて噂も・・!

今回は売れないキャバ嬢の時給は2000円という噂の真相から、その特徴やNG行動まで詳しくまとめていきます。

売れないキャバ嬢の時給はどれくらい?

売上を出しているキャバ嬢はその分お店に協力しているので、時給もどんどん上がっていきます。

しかし、なかなか売上を出すことが出来ないキャバ嬢は時給が上がりません

キャバ嬢は収入が高いイメージですが、売れないと昼職とあまり変わらないという噂も・・。

 

キャバ嬢は自分が商品ですから、色々な所にお金がかかります。

昼職と同じくらいの給料だとしたら厳しいですよね。

実際はどうなのでしょう。

売れないキャバ嬢の時給を調べてみると・・。

売れないキャバ嬢の時給は2,000〜3,000円

売れないキャバ嬢の時給は2000から3000円なのだとか!

キャバ嬢の時給は未経験だと外見で、経験者だと前の店での売上で決められます。

一般的に2000円から3000円の間とは言われていますが、大体最低自給は3000円ほどなのだそう。

よほどノルマが達成できないなどのことがあると、ごくまれに2000円になってしまう人もいるようです。

キャバクラで働いていて時給2000円はなんだか悲しくなってしまいますね・・。

月給に換算すると?

時給は2000円から3000円ですが、それがそのまま給料になるわけではありません。

所得税10%と厚生費が1日500円から1000円マイナスされます。

時給2000円の場合月収はどのくらいなのかというと・・。

所得税が引かれて実質時給が1800円

 

20時から1時まで(1日5時間)勤務を20日間続けると1月の給料は18万円

ここから1日500円の厚生費が引かれて実際に手元に来るのは17万円ほどです。

本当に1か月間1回も指名やボトルがもらえなかった場合はこの金額になってしまいます。

キャバクラで働いていて17万円は安すぎですね・・。

売れているキャバ嬢の時給は?

売れているキャバ嬢とどのくらい時給の差があるのでしょうか?

知らない人はいないほどの、元カリスマキャバ嬢の愛沢えみりさんは最初の時給で15000円だったのだそう。

当時は毎日出勤して、5時間働いていたようです。

 

1日何も売上がなかったとしても、6万円以上稼いでいたという事になります。

しかもあくまでこれは最初の時給。

ここからどんどん上がっていったと思うとすごいですね・・。

売れないキャバ嬢には特徴がある?

あまり売れずに低い時給しかもらえないと、キラキラして稼げるイメージからギャップを感じてしまうのも無理はありません。

売れないキャバ嬢と売れるキャバ嬢の決定的な違いは何なのでしょうか。

特徴があるのなら改善し、少しでも指名や売上を出せるように努力したいですよね。

売れないキャバ嬢の特徴はというと・・。

特徴①遊び感覚でやっている

売れないキャバ嬢は遊び感覚で仕事をしてしまっている人が多いです。

出勤すればよいと思いがちですが、毎日出勤していても待機中にぼーっとしているようでは時間の無駄ですし、お店からしたら給料泥棒です。

暇だからいいやではなく、どうしたらお客さんを少しでも呼べるのかを先に考えましょう。

 

売れるキャバ嬢の多くは待機していても常にラインや電話をし、1組でも良いから自分のお客さんを呼べるように努力しています。

少しの差で違う店に行ってしまう事もあるので、レスポンスを素早くしていくのもコツです。

特徴②ノリが悪いまたは暗い

お客さんは非日常を楽しむためにキャバクラに遊びに来ます。

それなのにノリが悪かったり暗いキャストがいると、そのお客さんだけでなく周り全体をしらけさせてしまいますよね。

あくまでお客さんは楽しくお酒を飲むためだったり、可愛くてノリの良い女の子を目当てにキャバクラに来ます。

そこでノリが悪かったり暗い接客をされると、もう行く気はなくなってしまいますよね。

 

自分の気持ちよりも、まずはお客さんがどれだけ楽しんでくれるかを最優先に考えると、指名に繋がるかもしれません。

プラスで自分も楽しめると、楽しさは伝染するのでとても良いですよ。

特徴③セールスポイントがない

キャバ嬢は自分自身が商品になって売り込む職業です。

それなのに自分には売り込むポイントがないと思っていたら、お客さんにも強気で接する事が出来なくなってしまいます。

セールスポイントはどこでも良いので、絶対に1つは決めておくべきです。

可愛さでも話でも明るさでも良いので、ここは負けない!という所をしっかり見つけて、積極的に売り込みましょう。

お客さんには下手に出るよりも強気でいたほうが良いので、揺るがない気持ちで!(笑)

特徴④自分磨きをしてない

売れないキャバ嬢は自分磨きをしていないという特徴もあります。

キャバ嬢は自分自身が商品です。

自分磨きをしないといつまでも売れる事はできません

自分自身当てはまるところはありませんか?

  • メイクが適当or薄すぎてほぼすっぴん
  • 髪の毛がぱさぱさでカラーも汚いまま
  • 肌が荒れている
  • 締まりのない体系
  • ネイルが伸びっぱなしor取れかけている
  • ドレスが貸しドレスor同じのばかり
  • 靴や持ち物に高級感がない

 

上記に当てはまるところがあるなら、今すぐに改善です!

お客さんは非日常を楽しみに来ているので、美しく綺麗な状態でお店にいないと指名してくれるわけがありません。

キャバ嬢は見た目だけで売れる事はできませんが、見た目の清潔感がないとまずスタートラインにすら立つことが出来ません。

自分なりに努力して綺麗でいられるようにしましょう。

特徴⑤スタッフの注意を無視する

売れないキャバ嬢はスタッフのアドバイスや注意を聞き入れない人が多いです。

変なプライドや頑固さがあるのかもしれませんが、自分自身のやり方で売れないのなら周囲の意見を取り入れるのが賢明です。

スタッフの意見を素直に取り入れられる子とそうでない子だと、店側の対応も変わってきます。

売れないのに意見も聞かないとなると店からの扱いが厳しくなるのも当然です。

 

自分が売れていない自覚があるのなら、スタッフに意見を求めてみましょう。

そうするとやる気があると評価されたり、実際に取り入れて売上を上げる事ができる可能性もあるので、ぜひ素直な心でアドバイスを聞いてみてください。

特徴⑥メモを取らない

これは夜職以外にも言える事ですが、メモを取らないと初歩的な事でミスをする可能性が高くなります。

1回教えてもらってできる人がいないのは当たり前ですが、自分でメモにまとめておくことで、もし後から忘れてしまった時に見返す事が出来ます。

自分にとって必要な事・しなきゃいけない事をしっかり覚えておくためにメモはとても大切なのです。

帰宅してからでも良いので、今日1日のことをメモする習慣をつけておきましょう。

特徴⑦挨拶をしない

挨拶は人として基本的な事です。

お客さんに対してはもちろんですが、お店のスタッフ達にも挨拶をすることで悪い印象がつきにくくなります。

出勤した時やお客さんの席に着く時に一声掛けてからするというのが大切です。

挨拶は絶対にする事を頭に入れておきましょう。

特徴⑧自分からお客さんに関わらない・連絡しない

営業のタイミングや頻度が変わらず、あまり自分からお客さんに関わったり連絡したりできないという人がいるかと思います。

しかし、自分から積極的にお客さんに連絡をしないとお店にきてくれる人はなかなかいません。

どれだけかわいくても連絡がなかなか来ない子と、外見は普通だけどマメに連絡してくれる子だと、後者に行くお客さんは少なくないでしょう。

マメに連絡をして営業の連絡を入れる事で、「次どこ行く」等の会話になった時に選んでもらえる可能性が高くなります。

 

特徴⑨ヘルプで手を抜く

ヘルプで手を抜いたり余計な事をするのも売れないキャバ嬢の特徴。

ヘルプで絶対にやってはいけない行為は・・。

  • 無愛想にする
  • 指名キャストの悪口を言う
  • ドリンクを頼んで良いか自ら聞く
  • お客さんへ色目を使ったりスキンシップをとる
  • 名刺や連絡先を渡す
  • お客さんを怒らせる

 

こちらの行為はしてはいけません。

ヘルプはあくまでもヘルプです。

指名が欲しいからといって、指名キャストの良くない情報を教えて自分の連絡先を渡すなどは絶対にしてはいけません。

キャスト同士の争いが起きてしまいお店に居にくくなってしまったり、NGを出されてヘルプで席に着くことすら出来なくなってしまいます。

そうなると更に仕事が減り、評価も落ちてしまいますので絶対にしないようにしましょう。

売れないキャバ嬢がやっているNG行為

上記で紹介した特徴以外にも、売れないキャバ嬢がよくしているNG行為があります。

もしかしたら無意識でやってしまっている可能性も・・。

どんな行為をしてはいけないのか詳しくまとめてみました。

自分に当てはまらないか確認しましょう。

NG行為①出勤日数が少ない

売れないキャバ嬢に多いのが、週1~2回しか出勤しないというもの。

出勤日数が少ないと自分は楽ですが、フリーにつく機会を逃しているので売れるのは難しくなっていきます

実際にあの有名キャバ嬢の一条響さんも、最初は週1~2回しか出勤していなくて売れていなかったと言っています。

ですが、出勤日数を増やした事でどんどん売れていきました。

まずは沢山出勤するという事が大切です。

 

NG行為②遅刻・欠勤が多い

売れないキャバ嬢は遅刻や当日欠勤が非常に多いんです!

昼職よりも夜職は遅刻や当日欠勤に関して緩いですが、もし遅刻や当日欠勤をしている間にお客さんが来たらどうでしょう。

たまになら仕方がない待ってるかとなりますが、何回もとなるとせっかく来ても会えないなら違う子にしようとなってしまう可能性が高くなります。

本当に体調が悪かったり大切な用事ができてしまったのなら仕方がないですが、それ以外の時は頑張って時間通りに出勤するようにしましょう。

NG行為③自分の話ばかりする

自分の話ばかりしているキャバ嬢もなかなか売れません。

会話を持たせようとして頑張って話すのは良いことですが、それが自分の事ばかりだと空回りで終わってしまいます。

キャバクラでは聞き上手の方が売れやすいです。

お客さんの様子をうかがいながら、お客さんの話を引き出させる事が大切です。

最初はなかなか難しいですが、先輩キャバ嬢の接客などを見て自分のものにしていきましょう。

NG行為④人の悪口を言う

お客さんやキャスト、黒服などすべてにおいて悪口を言うのはほぼ売れないキャバ嬢です。

普段から悪口を言っている人は雰囲気でなんとなくわかるものです。

キャバクラで遊び慣れていて、女の子をたくさん見てきた人ならなおさら。

 

人のことを悪く言う前に自分はどう動いたら一番良いのかを考える事の方が大切です。

他人をかまう前に、自分のやるべきことをしっかりとする方が良いです。

そうしていると暇な時間が無くなって、悪口を考える事もなくなるはずですよ。

まとめ

今回は売れないキャバ嬢の時給から、その特徴やNG行為など詳しくまとめていきました。

自分のダメな所をしっかり把握して、売れているキャバ嬢の良いところを吸収する事で本指名に繋がる接客ができるようになるでしょう。

人のせいにせず、自分をしっかり持って仕事に取り組むと売上に繋がるので、諦めずに頑張る事が大切です。

今回まとめた事を意識して、売れっ子に近づきましょう!

 

おすすめの記事