キャバ嬢がトイレに行くタイミングは?嫌われない方法を解説

お酒を飲みながら接客をするキャバ嬢の仕事。

トイレに行くタイミングはいつが良いのか分からなくて、行くタイミングを逃してしまうという人もいるはずです。

キャバ嬢がトイレに行くタイミングはいつが一番嫌われないのでしょうか。

今回はキャバ嬢がトイレに行くタイミングから嫌われない方法まで詳しく紹介していきます。

キャバ嬢のトイレに行くタイミングが難しい理由

キャバ嬢はお酒を飲みながら接客をするので、どうしてもトイレに行きたくなりがちです。

しかしキャバ嬢の中にはどうしてもトイレのタイミングがわからないという人は多くいます。

でもトイレの我慢は絶対にダメです!

トイレを我慢すると膀胱炎などになりしばらく仕事ができない状態になりかねません。

キャバ嬢がトイレに行くのが難しい具体的な理由は・・。

会話が途切れてお金がもったいない

キャバクラでは会話が途切れる事を嫌うお客さんは少なくありません。

せっかく盛り上がってきた頃に「トイレ行ってくる」と言われるとまた振り出しに戻った気分がして嫌なのでしょう。

キャバ嬢が隣に居なくなると一気に現実に戻された感じがしますし、その間にもお金がかかっています。

お客さんからすると少嫌だという気持ちは分からなくないですね。

一人きりになって寂しい

キャバクラは基本的に1人のお客さんに1人のキャバ嬢という接客方法です。

キャバ嬢がトイレに行くと1人になって途端に寂しくなってしまう事があります。

お客さんをどれだけ非現実の空間で楽しませるかが大切な職業なので、寂しいという気持ちにさせないのもキャバ嬢としての大切な仕事です。

だからこそ席を立つのが難しいのですね。

サボっているように感じる

トイレついでに化粧直しをしたりタバコを吸ったりするキャバ嬢もいます。

しかしあまり長時間席を立っていると「トイレと言ってさぼってきたんだろうな」という疑いの目で見られてしまう事もあります。

高いお金を払ってキャバ嬢と楽しく飲むために来ているお客さんからすれば、自分がお金を払っている時間にさぼられていると納得いかないのは当たり前です。

キャバ嬢からすればさぼっている気はないのですが難しいですね・・。

キャバ嬢がトイレに行く際に嫌われない方法

そんないろいろな理由からトイレに行くのが難しいキャバ嬢。

どうしたら嫌われることなくトイレに行けるのでしょうか?

コツは3つほどあります。

いつは行って良いのか逆にダメな時はいつなのか詳しく紹介していきます。

素直にお客様に謝る

トイレに行きたくなったら素直にお客さんに謝ってトイレに行くのが良いです。

伝える時もお客さんのテンションを下げないように「今日ずっとトイレいけなくて、ちょっと行ってくるね!」などと言う事が大切です。

しかしお腹が痛い場合は素直に伝えないほうが良いかもしれません。

それまで楽しい場面でも体調が悪い人が出てしまうと少し場の雰囲気が落ちてしまいますし、心配をかける事になってしまいます。

お腹が痛くなるほど我慢をしないで行くのが大切です。

ヘルプや黒服スタッフについてもらう

お店が忙しい時はなかなか厳しいかもしれませんが、ヘルプや黒服のスタッフについてもらう方法もあります。

トイレに立った時についでに声をかけると自分の席にトイレをしている間だけついておいてもらう事が出来ます。

お客さんは1人になるのを嫌がる人が多いです。

そんなお客さんを寂しくさせないためにはこの方法が一番良いかもしれません。

指名客の時にトイレに行く

基本的に指名客の時にトイレに行くようにしましょう。

指名のお客さんだとトイレくらいは許してくれる人が多いです。

 

初回やフリーのお客さんなどでトイレに行ってしまうと、お客さんからの評価が落ちてしまいます。

指名に関わってくるので、なるべくトイレには行かないようにしましょう。

また、絶対にヘルプの時は我慢します。

我慢はだめと言いましたが自分がヘルプの時は我慢です。

サポート役のキャバ嬢がいないとヘルプの意味がなくなってしまうため、指名キャバ嬢からの評価が最悪なものになってしまいます。

暗黙のルールですがしっかり守るようにしましょう。

キャバ嬢は自分でトイレに行くタイミングを作ろう!

とはいってもなかなかトイレに行くのは難しいですよね。

なのでトイレに行きたくなったらこうやってタイミングを作るという事を決めておくと、我慢しすぎないでトイレに行くことが出来るかもしれません。

様々な方法がありますが、その中でも3つほど紹介します。

黒服スタッフと合図を決めておく

一番理想的なのは黒服のスタッフと合図を決めておくことです。

ハンドサインなど様々な方法でトイレの合図を出すことが出来ます。

合図を受け取った黒服は、指名や電話などいろいろな席を立つ理由を作ってくれます。

黒服さんに言われて席を立つのでとてもやりやすいですし、スマートですよね。

またこの方法はお客さんを嫌な気持ちにさせる事がないので一番良い方法です。

わざと自分のドレスにドリンクをこぼす

わざと自分のドレスにドリンクをこぼす事で「ちょっと拭いてくるね」と席を立つ事が出来ます。

しかし、色の濃いドリンクをこぼしてしまうと跡が残って大変なのでこぼすのは色の薄いお酒かお水が良いです。

ちょっとしかこぼれてないからおしぼりで拭けば?」などと言ってくるお客さんもいますが、「見た目じゃ分からないけど中までこぼれちゃってるからちょっと行ってくるね!」とお客さんを不機嫌にさせないように気を付けてトイレに行きましょう。

常連客なら「お化粧直ししてきます」もアリ

常連のお客さんで信頼関係が築けている場合はトイレを切り出しやすいので「お化粧直ししてきます」というのもありです。

いくら信頼関係のあるお客さんでも「トイレに行ってくるね」よりは「面白くて汗かいちゃったからお化粧直ししてくるね」と言った方が上品になります。

常連さんだからといって接客を適当にするのではなく、最低限のマナーを守る事でお客さんからも支持され続けますよ。

まとめ

今回はキャバ嬢がトイレに行くベストなタイミングから、嫌われない方法まで解説していきました。

接客をしている中でトイレに行くのはなかなか難しいですよね。

ですが我慢しすぎると体に悪いので、黒服さんに頼んだり自分が行きやすくなる方法を数個考えておくことは大切です。

接客業なのでお客さんが第一ですが、自分の体を大切にしてお客さんも自分も無理をしない関係になれると一番良いですね。

 

おすすめの記事